個別株

NISA買い付けランキングが恐怖でしかない

どうも、絶賛連休中の会社員ぽんたです。

思わぬ大連休に暇を持て余してNISAの買い付けランキングを眺めてたら、中々面白いことになっているので今日はその話をしたいと思います。

早速ですが、以下のSBI証券の最新のNISA週間買付金額ランキングのスクショをご覧ください

全体で見ると特に

  • 原油関連
  • 航空関連
  • 製薬関連

が、目立ちます。

このラインナップいいですね!投機の臭いがしてワクワクします。みんなギャンブル大好きですね!やっぱ夢があるからですかね?

ちなみに投機の定義はこうです。下表の赤枠の部分

 

 

 

 

 

 

 

引用:楽天証券トウシル 「投資と投機はちがう」の意味を知る

 

ちなみに本ブログは基本的に長期投資のスタンスです。説明の通り長期的な視野で有望な企業や応援したい企業に投資しているつもりです。

それと投機を批判する意図はありません、投機だろうが、長期だろうが「お金が欲しい」という意志は同じですから、いわば同志です。

ただ、あまりにNISAランキングが露骨だったので取り上げたくなっちゃいました。

話が逸れましたが、それではここからNISAランキングを見ていきましょう

原油

NISAランキングのTOP3は原油ETFと投信です!圧倒的人気ですね!

なぜ原油ばかり買い付けられてるの?

それは直近原油先物価格がマイナスになったからです。

詳細を説明すると長くなるので省力しますが、簡単に言うと産油国同士の喧嘩+コロナショックで原油が売れなくなって市場にダブついてしまい原油に値段がつかなくなったからです。

そこでNISA投資家達は原油価格はこれ以上下がらない!反発するのみ!と予想して買いまくってるんです。

ちなみに管理人は原油とか先物はよくわからないんですが、ちょっとこれは買えません

以前の記事でも説明しましたが落ちるナイフを掴むのはお勧めしません。コロナの影響がどうなるかもわからないのに「今が底」と決めつけて買うのは恐怖でしかありませんよ。

ちなみに下表はNISA3位のNEXTNOTES日経・TOCOM原油ダブル・ブルETN(2038)のチャートです。NISA投資家さんはどこのタイミングで買ったかわかりませんが、これはマジで怖いです(笑)3/27に掴んだ人なら既に半分以下になっています。しかも現在進行形で下げ続けています。

まるでジェットコースター((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

画像のファンドはダブルブルといってレバレッジの効いたファンドです。

現在タダでさえ激しい値動きをしている原油価格への連動を二倍にしたものです。これは反発すればすごいですよ!買いですかね!?

私は買いませんが、怖すぎる。

ちなみに私は原油のことは良くわからないんで他人の知識で申し訳ありませんが、大手原油ETFに償還の可能性があるそうです。それが原因で原油ETFに大量の売りが入る可能性があるそうです。つまりもっと価格が下がる可能性もあるそうです。原油怖い。

航空

ランキングで該当している航空業は

  • 日本航空
  • ANAホールディングス

です。

買われている理由は言うまでもなくコロナで全く飛行機が飛ばなくなって株が大安売りになっているからです。

これらも私は買いません、怖すぎる。

なんで、航空株を買わないか?

個人的に買わない理由は以下

  • 新型コロナの影響が大きすぎる
  • 新型コロナの収束時期が予想できない
  • そもそも航空業は不況に弱すぎる
  • 航空業はバカみたいな固定費がかかる=新型コロナで運行できず完全にジリ貧
  • 何度も言うけど完全に落ちるナイフ

そもそも日本航空は過去に一度倒産しています

このことから最悪の場合国が救済する、と考えている人もいるかもしれませんが多分救済されず紙屑になります。

ANAは倒産こそしたことないですが、固定費が高く借金が多いのでこのままではジリ貧になりそうです。

ちなみにどちらも現在絶賛下落中なので今掴むと多分ケガするんで私は絶対買いたくありません。

製薬

NISAランキング該当銘柄は以下

  • アンジェス
  • 富士フイルムホールディングス

どちらも新型コロナ関連で盛り上がっています。

  • アンジェスは大阪府と連携して新型コロナワクチンを製作発表
  • 富士フイルムは新型コロナに効果があるとされる「アビガン」の製造メーカー

ということでNISA投資家の中で注目されているのだと思います。

この2銘柄は今まで紹介した銘柄よりはマシですが私は買いません。

強いていうなら富士フイルムは新型コロナが去り投資家の熱が冷めて安くなったら有りかな?とは思います。

なんで製薬(バイオ)株を買わないのか?

これは個人的な意見ですが、バイオ関連はリスク高すぎて嫌です。

実際アンジェスはこんな感じ

  • めっちゃ赤字
  • 四季報のリスク情報コメントは「財務安全性に注意」
  • 株価不自然に上がり過ぎて怖い
  • 買ったら最後どこで売るかのババ抜きゲームに突入
  • ワクチン治験に失敗したら…?

このようにアンジェスに関しては運要素マックスの丁半博打状態です。

チャートはこんな感じ

私はチャートは一切読めないのでここからさらに上がるかは占えませんが、なんかまだ上がりそうではあります。(適当)

ただ多くの投資家に注目された銘柄はその時点で大体過熱状態は終わっている、とも言われます。そして、ここからはどこで売るかのババ抜きに参加しないといけません、治験結果まで待つのか?治験前に売るのか?私は歴戦の投機家とは勝負できないのでこのババ抜きに参加するのは無理です。

ちなみにバイオ銘柄がお祭りになった時どういった結果を迎えたかの一例は「サンバイオショック」で検索してみると面白いストーリーが読めるかもしれません。

余談ですが、アンジェスのワクチン開発自体には期待しています。数少ないウイルスに対する希望の星の一つなので頑張ってほしいです。

あと触れるのを忘れていた富士フイルムですが、正確にはバイオ株ではないので、危険だとは思ってません。投機家に目を付けられて値段が乱高下している現状が嫌なだけです。事業も財務も優良な企業なので長期投資家としては嵐が去って静かになったところで買うのがベストかと思います。

最後に

個人的にはNISAランキングは時折みると面白くて好きです。

時代を反映した投機家や高配当投資家の思惑が見えます。そして大体「なんでここ行くかなあ…」といった印象を毎回受けるのもグッドポイントです。

ちなみにNISA保有残高ランキングも結構面白いですよ。主に高配当銘柄が多く、全て悪い銘柄では無いですが値下がり過ぎて売るに売れなくなった銘柄がひしめいています。

GWで暇だけど通常NISAには興味ない長期投資家さんもたまにランキングを見てみるとちょっとした暇つぶしなっていいですよ。

それでは良き休暇を~ノシ