日本株

100円投資はナンピンや配当金好きに超お勧め!【安全に勝てる日興フロッギー】

どうも、高卒です。

最近、日経平均がガタガタです。

去年の今頃は日本株は絶好調だったのにウソみたいですね。

↑岸田のせい。

ですが、安くなってきた今こそ、そろそろ日本株を買い仕込んでおくチャンスだとも管理人は思っています。

でも実際、日本株はダサくて儲かりにくいし、もっと下がりそうで怖いとか、そもそも100株単位でしか買えないのも嫌だって感じている人も多そうですね。

ちなみに管理人は日本株を買っているけど投資成績は悪くないし、なんならもっと下がっても全然平気ですし嬉しいですよ。それと毎回100株も買ってないです。

これはなぜだと思います?

それはそういう投資方法を選択しているからです。

あるんですよ、不安定で不便な日本株のおあつらえ向きの投資方法が…。

そう、100円投資です。

100円から株を買えるのは「日興フロッギー」

過去の記事でも何度か紹介してきましたが「日興フロッギー」は1株未満100円から株が買えます。

通常、日本株を買う場合は100株一単位からであり、必ず100株分買うことになってしまいます。

100株買うと購入金額が大きくなってしまうため株価が上がったときは良いですが下がったときは大変です。

高い買い物なので気軽にナンピンもできません。虎の子で買った100株が下がってしまったときに更に追いかけるのは懐的に厳しいですし度胸も必要です。

ですが投資額が100円なら株が下がった瞬間に誰でも迷わずナンピンできます。

100円投資は投資先の株価が下がるほど嬉しい。

通常、買った株が急落することは地獄以外の何物でもありません。

口座に数万円という赤字が並ぶのは正直言って気持ちの良いものではありません。

ですが100円投資ならどうでしょう?

100円が10%下げたところで評価額は90円にしかなりません。それどころか50%下げたって50円です。

しかも、いくら下げようがまた100円分かそれ以上買えば平均取得価格を引き下げられます。(所謂ナンピンですね)

例えるならこんな感じです。

  1. まず好きな株を100円だけ買います。
  2. 買った株が下落したとします。
  3. もう100円買えば下落分を取り戻せます。
  4. また下がったとします。
  5. また200円買えば下落分を取り戻せます。

こんな感じにどんだけ下げようがほいほいナンピンできます。なので通常の株と違って100円投資にて買った株の下げは安値仕込みのチャンスにしか見えず、なんなら以下のように喜んで記事にしてしまうほどです。(任天堂株は無事反転して安値仕込みできました!)

とはいえ、実際にやっていることは倍々ゲームなので短いスパンでやっていくとわらしべ長者ならぬ、わらしべ貧者になりかねないのでご利用は計画にですが、通常の投資方法に比べたらナンピン金額とリスクが段違いに低いです。

管理人は他に色々な投資方法を試しましたが、こんなにナンピンが気楽で下落が嬉しい投資方法は他に見たこともありません。

基本、株価というは、よほど割高だったり、もしくは倒産でもしない限り、どこかで下げ止まり停滞します。初期投資金額が低ければ下げ止まりまで定期的にナンピンして追いかけ、そこで業績と株価が反転するまで配当を貰いながら待機する戦法も可能です。(三菱〇動車のように株価が20分の1になって無配化するような会社もありますが…)

このように投資判断ミスのリカバリーが効きやすい、下落時に投げ売りしにくいという意味でも初心者にもおすすめできる投資方法です。

管理人は配当も貰ってトータルでも大勝ち。

その他、配当狙いの投資法にも向いています。管理人は高配当投資はそこまで好きではありませんが、100円投資では積極的に狙っていくのも手だと思っています。

その理由は日興フロッギーは1株未満100円からでも配当金を貰えるからです。

上述の通り、管理人は高配当投資を意図して行ってはいませんが、それでもフロッギーで買い付けた複数の個別株から貰える配当金は年々増加しております。

以下は管理人の日興フロッギーの年間配当金の推移です。(日興イージートレード 特定口座 配当金履歴等より参照)

  • 2019年:544円(運用開始年のため半年未満)
  • 2020年:8,738円
  • 2021年:12,001円

どうでしょう?少ない金額ですが確実に配当が増加しているのが分かりますよね?(配当利回りは資産総額が分かっちゃうんで内緒です。)

ちなみに配当金だけ貰って含み損だらけなのはバ〇とかダサイって意見はよく聞きますよね。

管理人もその通りだと思います。

それでは、そのクソダサイ配当金とやらもしっかり貰ってる管理人のフロッギーポートフォリオの配当込み3年トータルリターンはいくつだと思いますか?

ちなみに参考までにバンガード・S&P 500 ETF (VOO)配当込み3年リターンは20.2%です。

では管理人のフロッギー100円ポートフォリオの3年リターンは?

22%です。

どうです?これは自慢ですよ。

これはS&P500ETFを毎月定期買い付けした場合の3年リターンと同等以上です。

ほとんど日本株しか買ってないにも関わらずです。

ほとんど日本株しか買っていないのにも関わらず最強と言われるS&P500インデックスと同等以上のリターンです。

しかも構成のほとんどが割安日本株であるため、リスクは米国株式より圧倒的に低いです。(事実、コロナショックでも大底で僅かに赤字になる程度でした)なのに米国株インデックスと同等のリターンが出るということはシャープレシオも米国株より高いということになります。

あくまで現状は、ですが。

コロナショックのときなどに激安日本株を多く買い集めたのが効いているだけでしょう。

勘違いしてなんとかレバレッジみたいな投資法に走らないよう今後も奢らず、勘違いせず行きたいものです。

終わりに:投資方法を少しだけ教えます。

最後に日興フロッギーにてどのような銘柄を買えば良いのか?

どんなタイミングで買えばよいのか?

これを知りたい人も多いと思います。

これに対する管理人の答えですが…。

自分で考えて下さい。

というのも酷なので少しだけ教えたいと思います。

管理人は以下のことを意識しております。

  1. 買うのは日経やTOPIXに組まれるような安定銘柄が中心
  2. 割高過ぎる銘柄は避ける(PER30倍以上とかPBR10倍以上とか)
  3. 狙っている銘柄が急落したタイミングでインする
  4. 保有銘柄が急落したら売らずに淡々とナンピン
  5. 海外に投資するETFや国内現物保管型金ETFなども組み合わせても良い

具体的な銘柄名を敢えて乗せておりません。

ニュアンスだけなので自分で考えましょう。

さて、この投資法の場合、ハイテクや半導体のような過剰な成長株は基本組み入れておりません。理由はナンピンと相性が悪いからです。

ハイテクや半導体などは一度上がれば延々上がり続け、下がるときは無限に下がることが多いため管理人のナンピンを主体とする100円投資とは相性はあまりよくないです。なので買ってみるとしてもNASDAQ連動ETFくらいにしておくことをお勧めします。

ああ、それと今のところ日興フロッギーでは残念ながらナスレバ?は買うことはできないので、それ目当ての方は他を当たって下さい。あしからず。

そんなわけで、そろそろ寝ます。

それでは、また次の記事で会いましょう。

日興フロッギーの口座開設リンク:記事読んで、100円から投資デビュー(プロモーションではありません、ノーギャラです。)

ABOUT ME
高卒投資家
高卒投資家です。 投信、ETF、金現物がメイン投資先です。 株ブログですが車も好きなので車の記事が無駄に投稿されます。
Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x