仮想通貨

金メッキが禿げたビットコインというただのデータ【所詮はただのミーム】

やはりビットコインは投資対象ではなかった。

バーチャル金メッキのイメージを纏っただけのしょうもないデータだった。

相場が弱い時やインフレ時こそ本領を発揮するはずだったビットコインは、インフレ起因の信用収縮と共にその価値を1/3まで下げた。

その意義を失ったビットコインは最早、何の価値も無いただのゴミだ。

管理人は以前の記事で仮想通貨は基本ゴミだと思うが、元祖であるビットコインだけは価値があるかもしれないと言った。

だが、同時に自分はビットコイン含むあらゆる仮想通貨は買わないとも公言した。

事実、管理人はダブルスタンダードにならないよう、公言通りに仮想通貨の類は1円たりとも保有していない。

買わなかった理由は「仮想通貨の本当の価値が全く分からない」からだ。

仮想通貨の価値はあまりにも不透明過ぎる。

数年後に1,000万円になっているか1円になっているか全く予想が付かないのだ、まるで丁半博打だ、と人気絶頂のころからずっと訝しんでいた。

反対に仮想通貨の比較対象とされていたゴールド(純金)には価値があるのは明らかだと思っていたし今も思っている。

さて、ここで仮想通貨を頭に思い浮かべて欲しい。

どうだろう?管理人はオジサンだからだろうか?思い浮かべても何も心が躍らない。

思い浮かぶのは下らないゲームの画像のようなコインのイラストだけだ、バカバカしいにもほどがある。

こんな感じの画像だ。

まるで虚像そのもの、というか事実として虚像だ。

実態がないくせにこれでもかと金貨のような姿を偽っているが、ただのイメージであり、金メッキ以下だ。

そう考えれば今のインフレヘッジの役目すら果たせていない、市場の信用収縮ともに萎んだ情けない体たらくには、お似合いの姿だと言える。

なんならその金メッキやコインの姿すら「仮想」だ。

結局、仮想通貨はただのバブル経済にあてられて出現した投機対象に過ぎなかったということだ。

NFT?だっけ?あれと同じただのしょうもない虚像だ。

さて、ここで反対に純金はどうだ?

思い浮かべて欲しい、あの凄まじい輝きを。

視界いっぱいが金色の反射で満たされるような凄まじい輝きだ、この奇跡の外観は他のいかなる金属や宝石でも遠く及ばない。

金塊を手に持った時のことを思い浮かべて欲しい。

重みも、その時手袋の下でかくであろう手汗、動悸、恍惚感、全て一瞬で想像できる。

それが純金だ。

この感覚は札束の山でも味わえない(管理人としては、だが)

ましてや得体の知れない電子データからは何億年かかっても得られない感覚だろう。

得体の知れない投機熱だけは無駄に高い虚像の電子データその歴史の中で確かな輝きと希少性のもとに安定的に値上がり続ける純金。

どっちが優れた投資対象か?

どっちが虚像なのか?

少し考えれば分かるだろう?

だから管理人は仮想通貨を1円も買わずに、そのお金で金を買い続けた。

以上です。

また、次の記事で会いましょう。

ABOUT ME
高卒投資家
高卒投資家です。 投信、ETF、金現物がメイン投資先です。 株ブログですがもっとも最高の投資先は純金だと思っているゴールド投資家です。
Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x