節約

軽自動車に乗ってるのは貧乏人なのか?【本当に貧乏なのは…】

どうも、高卒です。

ほぼ、毎週恒例の水曜雑談記事です。

僕は現在「軽自動車」に乗っております。

というのも今年4月の頭に脇見運転をしているバカに突っ込まれて愛車が廃車になったために泣く泣く乗り換えたからです。

元愛車は中々に巨大なSUVであり、維持費も購入価格も高かったことからいい歳まで乗り潰したら次は軽自動車に乗り換えようと以前より考えておりました。

というわけで今回は迷わず中古の軽自動車となったのですが軽自動車について調べると、こんな感じの不快な記事や意見が出るわ、出るわ。

  • 軽自動車は貧乏人が乗る物!
  • 軽自動車に乗る男はモテない!
  • 軽自動車は安全性が低い!
  • ファミリーカー買ってこそ一人前の男!

こんな感じの昭和から抜け出せない商業主義に踊らされまくった老害か時代遅れどもの意見や記事がわんさかわんさか、と。

はっきり言ってこの中で正しい意見は「軽は安全性が低い」くらいです。

これは仕方ないですね。軽いですから多少はね?安全運転でカバーするしかありません。

しかし後は大間違いです。

というわけで安全性以外にガンガン反論していきます。

軽自動車は貧乏人が乗る物!への反論

これは大間違いです。

精々、維持費と車体価格の高い高級車でも買って、高い高い保険をかけて資産をどんどん消耗してください。

  • 車体価格が高いほど減価償却が大きくなります。
  • 高級車は税金から部品代、ガソリン代、保険代まで全てがハイクラスです。

もっというとコスト意識の高い金持ちは高級車なんて乗りません。乗っているのは成金か借金してまで見栄で乗っているイきりたいだけの貧乏人です。もしくは多走行型落ちの元高級車を普通車程度の値段で買ったクソ雑魚一般市民Aです。

なぜ断言できるかというと高級車はコスト意識が高い人にとっては「無駄」だからです。金持ちにとって「無駄」は言語道断なんです。

ちなみに世界三位の金持ちのウォーレン・バフェットの愛車は日本円にして500万円程度の車(キャデラックXTS)です。

世界三位の金持ちの愛車の価格が500万円ですよ?ちょっと高い日本のファミリーカー並みの価格です。

この意味がわかりますか?

バフェットは高級車なんて「無駄」だと思っているんです。

そこから考えれば日本のクソザコ一般市民Aには軽自動車ですら贅沢と言えるでしょうね。

以上が「軽自動車は貧乏人の乗り物!」に対する反論です。

繰り返しになりますが日本のクソ雑魚一般市民には軽自動車ですら贅沢品です。

なので軽自動車に乗ることに対し、僕は惨めさや劣等感は一切感じません。

むしろ誇らしく乗らせて頂いています。

軽自動車に乗る男はモテない!への反論

あっそ。

そんなことで男を値踏みする女なんてこっちからお断りですね。

そもそも、こんな思考の女なんて結婚したら

  • 数千万のマイホーム購入させられ
  • 高級ファミリーカーを買わされ
  • 少額お小遣い制にされ
  • 歳くったらゴミ扱いされる

こんなクソ嫁になることが確定した金しか頭にないバ〇女です。

むしろ選別できて好都合ですね。

こんな女にモテなくて結構。

そもそも「デートに軽でくる男は最悪」とかいう思考停止文句は自動車業界の売り文句です。そして書いているのは若い女ではなく昭和のオッサンライターです(笑)

ネカマおっさんまじきもいわー。

ファミリーカー買ってこそ一人前の男!への反論

これは車業界によるファミリーカーを買わせるための嘘です。そして、これを主張している奴は漏れなくマネーリテラシーの低いバ〇です。

ファミリーカーなんて乗らなくても立派なパパです。軽に乗ってたって立派なパパです。

僕は2人兄弟でしたが子供心にファミリーカーが無くて不便を感じたことなんて一度もありませんでした。というかコンパクトカー1台で事足りていました。

不便だ、というのは親の自己満足でしかありません。子供は何とも思っていません。

つーか8人乗りファミリーカーって何に必要なんですか?

家族総出でキャンプにでも行くってんならそん時だけファミリーカーをレンタルすればいいじゃないですか。

高額の維持費や税金、保険代を払うよりはマシです。

ていうか正直、ファミリーカーって「ベイビーインカー」(笑)みたいな死ぬほどクソださいステッカー貼って周りに経済力アピール(笑)する目的くらいにしか使いませんよね。

ただの無駄です。

そもそも都会に住んでる人の大多数は車持ってなくても家族数人で暮らしていますよね?彼らは何も困って無さそうに見えますが?

もう一度聞きます。

8人乗りファミリーカーって何に必要なんですか?

マジで教えてください。

おわりに

言いたいことは以上です。

ここまで書いておいて何ですが軽自動車は以前よりはかなり市民権を得てきたと感じます。

理由は、残念なことですが日本人の多くが日本のクソな経済政策(増税の繰り返し等)によって昭和の頃より貧乏になってしまったことが原因でしょう。

だから実は貧乏人が乗っている、という主張もそこまで間違いではないんです。

が、そこそこ高い車を買う余力があっても軽自動車を選考する人がいることも事実です。そういう人達は下らない見栄なんかよりコストを取って将来に投資しているということを理解して欲しいです。

しょうもない見栄のために将来の資産を捨てる覚悟があるなら高級車やろくに使わない8人乗りファミリーカーでも新車で購入して高い維持費を払い続ければいいでしょう。

軽自動車に乗るのも高級車に乗るのも個人の自由なんで。

それでは、また次の記事で会いましょう(。・ω・)ノ゙♪