お金の話

財形貯蓄はどう考えても要らない

どうも高卒投資家ぽんた(@kousotsuponta)です。

今日会社で社内報が配られたのでボケーっと眺めていたらふと「財形貯蓄」のコラムが目に留まりました。

中身を要約すると

  • 強制的に貯金ができる
  • 種類によっては非課税
  • 持ち家や老後の備えになる

と言った感じの内容でコラムを書いたのはそこそこ有名そうな一級FPさんでした。

通読した感想としては「こんなしょうもない記事書いてお金貰えるのか~、いいな~」といった感じ。

僕はブログでしょうもない記事書いてるけど一円も貰ってませんから(´;ω;`)

というか、頼まれて書いてるだけでFPさんの本心じゃないと思います。

だって金融素人の僕でもコラムの内容は全く理にかなってないと感じたからです。

その理由を書いて行きたいと思います。

強制的に貯金ができる

なんか財形って絶対にこれを売り文句にしますよね。

そんなしょうもない機能いらんわと言いたい、強制貯蓄ってことは近い内に使わない予定のお金ってことですよね。

だったら

  • つみたてNISA
  • 確定拠出年金

でいいじゃん、つみたてNISAを満額投資、確定拠出年金をマッチング拠出まで利用すれば嫌でも月5万くらい強制貯蓄できるよ。やったね!

それでも余ったお金は遊びに使うなり、楽天銀行にでも貯金しましょう。楽天銀行なら財形貯蓄以上の金利がついてくるんで。

種類によっては非課税

財形貯蓄は金利が非課税になるそうです。ちなみに財形の金利は年0.01%~0.015%

通常銀行金利の10倍だよ!やったね!

 

要らんわ

 

しかも非課税になるのは目的別の財形だけです。

つまり

  • 財形住宅
  • 財形年金

だけです。ただでだえクソ微妙な非課税は使途が限定されたクソ使いにくい財形にしか適用されません。ちなみに、これらの財形を目的外使途で引き出すと遡って徴税されるそうです。

まじで使えねえ…

そして非課税部分に関しても、つみたてNISA確定拠出年金が上位互換です。

  • つみたてNISAは利益が丸ごと非課税です。(限度額はありますが)
  • 確定拠出年金は拠出額分の所得税・法人税が非課税です。

ちなみに確定拠出年金を定期預金のみで運用した場合でも財形より税金面で圧倒的に有利です。

もう財形使う理由ないな。

持ち家や老後の備えになる

ん?これもう「種類によっては非課税」の項目で触れちゃってるから言うことないよね?

あまりに褒めることが無さ過ぎて同じこと言っちゃってるけど大丈夫か?

ていうか同コラム内で重複されると僕もあまり書くことが無くて困るんだが?

実際の内容もタイトルを薄く引き伸ばしたことが書いてあるだけでした。仕事とはいえ書くの大変だったろうな…心中お察しいたします。

というか持ち家や老後の備えなら、、、もう皆さん察していると思いますが

  • 持ち家    →  つみたてNISA
  • 老後の備え  →  確定拠出年金

でいいじゃん、しかも、つみたてNISAは使途限定されないから家欲しくなくなったら別のことに使えばいいし。

というかこの現代でマイホーム限定って時点でマジで発想が古い、せめて不動産購入全般に使わせてくれ。

終わりに

最後に財形が要らない理由を超簡単にまとめます。

  • 強制貯蓄 → つみたてNISA、確定拠出年金でいい
  • 非課税  → つみたてNISA、確定拠出年金が上位互換
  • 住宅資金 → つみたてNISAでいい、そもそも住宅専用資金は不要
  • 老後資金 → つみたてNISA、確定拠出年金でいい

以上です。これはわかりやすい。

 

会社が思いがけない形でブログネタを提供してくれて嬉しかったです。一級FPさんも仕事とはいえこんな不本意なコラムを書かされてお疲れ様です。

いや本当に不本意かは知らんけど。僕がFPだったら財形なんてお勧めしたくないなあ、と思っただけです。というか財形程度のリターンなら普通の貯金の方がいいです。現金は利便性高いんで。

 

それでは、本日も残業で疲れたんで、この辺でお暇します。

また次の記事であいましょう(。・ω・)ノ゙