便利ツール

決算情報を簡単管理できるお勧めアプリ【日本株】

どうも高卒投資家ぽんた(@kousotsuponta)です。

本日からGWが終わり会社が始まってしまいました。今日からは仕事をしながらの更新になるので記事のボリュームが多少あっさりするかもしれませんがご容赦下さい。

話を戻しまして日本個別株を買っている人に有用そうなスマホアプリを見つけました。

アプリ名は『適時開示(TDNet/Edinet)Notifier』です。

今回はこのアプリのご紹介をします。

適時開示Notifierの便利な点

銘柄の決算情報がすぐ見れる

個別株投資は保有銘柄の決算情報を確認する必要があります。しなくても投資はできますができるならやった方がいいです。

そして、その決算情報を管理確認するのがかなり面倒くさいです。

本アプリなら銘柄をお気に入り登録して、そこからすぐに企業の適時開示(会社情報)を確認することができます。

ちなみにAmazonkindleなんかでも資料を開けます。

決算情報は個別株に投資する上で非常に重要になってくるので、保有企業を登録してすぐ確認できるのは、すごくありがたいです。

アラート機能がついている

先ほども言いましたが、個別株の決算情報を個々に追いかけるのは非常に面倒なうえ、保有銘柄数が多くなってくるとつい確認を忘れてしまいがちになります。

ですが、本アプリに保有銘柄をお気に入り登録しておけば決算発表のタイミングで通知してくれます。

これにより保有銘柄の決算を全て見逃すことなく管理できます。

正直この機能がついてないアプリが多いので、本当に重宝します。

使い方

  • アプリ『適時開示(TDNet/Edinet)Notifier』をスマホにDLして
  • アプリ左上のメニューボタンを押して
  • 「会社検索」を押して
  • 追加したい銘柄名or証券コードを入力して
  • 右の☆マークを押す

以上で決算情報などを自動通知してくれます。簡単ですね。

作業はこれだけで面倒な登録などは一切ありません。

余談と言う名の本編

決算は気にした方がいいよ

決算情報なんて面倒だし見ないよって人もいると思いますけど、ちょっとは見たほうがいいですよ!

例えば減配発表されると株価ってどちゃくそ落ちるんですが、そういったことにも即時対応できます。減配発表に気が付かずに放置していると、株価はダラダラと下落していき、気が付いたころにはダメージが大きくなっています。

高配当銘柄の大幅減配or無配転落、、、なんて決算が出た日には例え長期投資家でも即座に損切った方がいいです。そのタイミングで切らないと無期懲役の塩漬け確定なんで。

試しに

  • 日産自動車(7201)

あたりのチャートを検索すれば、減配発表した企業の株価がどうなるかが分かると思います。以下は日産の6カ月チャート
赤〇(2020年2月)で大幅減配発表しています。

そしてその後の展開はというと…新コロ暴落も手伝って600円からするするっと300円まで落ちました。しかもその後全く回復してません。

ただの地獄ですねこれは…

これは極端な例ではあります。とはいえ減配発表直後に切った人のダメージが少ないのが分かります。

ちなみに日産自動車は2019年に一発目の減配をするまでは超高配当銘柄でありNISAの買い付けランキングで堂々の一位を記録し続けていました。そして2019年の減配からズルズル株価を下げていき直近の大減配で完全に死亡しました。

また、これは日産自動車に限った問題ではなく今は新コロ影響で配当予測を出さない企業も増えてます。こういった企業は遠くない内に減配発表する可能性があります。

ここで決算に軽くでも目を通しておけば減配を喰らう前に一度利確したり、暴落する前に保有率を下げる判断に繋げることもできます。

決算資料なんて読めないって人も、ピンポイントで情報を抜き取ることはできると思います。リスクヘッジになるので是非意識してみてください。

 

以上で今回の記事を終わります。

余談が本編になってしまった感が半端ないですが『適時開示(TDNet/Edinet)Notifier』はめっちゃ便利なんで自分の保有銘柄を管理しきれないって人は是非試してみてください!

 

それでは、また次の記事で会いましょう(。・ω・)ノ゙