会社

経済的な目線で如何に残業が無駄であるかを解説します【無駄残業即廃止論】

※注意:本記事では無駄な残業を痛烈に批判しているが、トラブル対応、製品開発等のどうしても必要な残業に対してはその限りではないと思っているのでご配慮いただきたい。

管理人は残業が嫌いだ。

早く帰って遊びたいから?

プライベートの充実を図りたいから?

そうじゃない、無駄だから嫌いなのだ、明日やればよいことは明日やればよい。

はっきり言うが、

残業は今の日本経済からしても得のない、全くの無駄な行為なのだから残業など今すぐやめるべきだ。

というわけで本日の記事では経済的な目線で残業が無駄であること徹底的に解説する。

若者はこの記事で勉強して無能残業上司を論破すると良い(冗談です。やめておきましょう)

残業すれば金を貰えるから無能が残業する悪循環

今の日本企業はダラダラ残業する間抜けに嫌々割り増し賃金を払っているような状態だ、効率的な仕事をして早く帰れる人間は給料をコイツら残業魔に吸われて割りを食っている。こんな状態がまかり通ってはいけない。

当然、残業をしたなら企業は残業代を払わなくてならない、そうでなけば違法だからだ。

だが、残業ばかりしている無能とそのボンクラ上司の評価は下げるか最低でも据え置き評価とするべきだ、そうすればボンクラ共は嫌になって勝手に残業を減らすだろう。

代わりに成果を挙げながら早く帰れる者と、そうした部下を多く抱える優良な管理職を評価し毎年昇給すべきだ。

そうすれば管理職も部下も昇給目指して全員モチベーションが上がるし、残業代なんて無駄な人件費を払う必要がなくなる。そう、つまり生産性が上がるのだ。

企業にとっては得しかないではないか。残業など今すぐやめてしまえ。

勘違いしないでほしいが、如何に定時でスパっと帰っていようが何となく会社に来て、ただ帰るだけの無能、つまり成果を挙げないものは評価しなくて良い。

とまあ、ここまでは管理人の感情論(とはいえほぼ正論だと思っている)

ここから先は経済的な目線で解説していく。

経済目線でも残業は時代遅れの無能

残業は時代遅れ。

これは管理人が家に帰りたいだけのホームシックな若者に迎合して言っているわけではない。

でな、なぜ時代遅れなのか?

それは当時の日本でなぜ残業が持て囃された理由を経済的な目線で考えれば一目瞭然なのだ。

当時の日本は戦後復興などで大変需要が旺盛だった、円安もそれを手伝った。

それらの多くの需要を満たすには、より多くの供給が必要だった。

供給を増やすには当然、高い生産性が必要だ。

だが、当時の日本は技術や手法の進歩の問題で生産性が高すぎる需要に追い付かなった。

では、どうやってその足りない生産性を補ったか?

そう、残業だ。

それだけの需要を満たすには、低い生産性を誤魔化すには多量の残業よりほかなかった。

なので日本企業は残業を励行し、残業する者を評価した。

残業代を払っても、その分多く生産できれば、それが全部売れて会社がガンガン儲かったのだ。

これが他人より長く働けるだけの者が評価されるとい腐った風土を醸成してしまった。

しかし近年ではどうだ?

日本はバブル崩壊からの増税、緊縮財政、円高政策を続け、長引くデフレにより日本企業と日本国民は完全に弱り切った。

デフレ下では需要は減る、需要が減るということは供給も減る、供給が減ったということは現状の生産性でも十分供給が追い付く状態となったということだ。

つまり、生産性不足を補うための「残業」という行為は今の日本経済にとって全く意味のない遺物となり果てたのだ。

大事なので何度も繰り返し言うが今の日本は需要が喪失したので残業してまで供給を補う意味がないのだ。

つまり日本企業は売り上げ以外の部分で利益を伸ばさないといけない状況に追い込まれており、不要な上に残業代がかかってくるだけの残業という行為は企業にとっては損でしかない迷惑行為なのだ。

このように経済的、企業的な目線で見れば残業に意味がないことは一目瞭然だ。

需要が無く、供給も最低限で良いはずなのににシコシコ残業する間抜け共。

これが理解できると無駄残業をしている間抜け共の後ろ姿は、それはそれは滑稽に見えるだろう。

今の若者はそれを肌感覚で理解しているのだが彼等にはそれを表す言葉がない。

だから何となく「残業したくない」とだけ言ってしまうのだが皮肉なことに全く持って正しいのだ。

そんな目で世間知らずな小僧にまで間抜けさを見透かされてのに無駄残業社員共は恥ずかしくないのか?自身の無能さを後輩に対しさらけ出しているのだぞ?

管理人は恥ずかしいので無駄な残業など死んでもやらない。

若い後輩にも「仕事なくても無理にでも残業したほうが良いですか?」と聞かれれば「やりたかったらやれば?俺ならやらんけどな」とだけ言っている。

当然、後輩の回答は満面の笑みで「ハイ!絶対やりません!!」だ。

若い子は素直かつ聡明だ(笑)

日本企業を舐めるなよ

ちなみに、よく米国株投資家様(日本人 笑)などが偉そうに「日本企業は生産性が低い」などと宣う。

管理人はそれは違うと思う。

むしろ長く苦しい不況と緊縮を味わった日本企業は、そんなえげつない不況下でも黒字をだせるほどに効率化が進んでおり、他国に比べて生産性が低いなんてことは一切ない。

問題なのは先にも言った通り(日本政府のせいで)需要がないだけだ。

日本企業は需要が少ない中でも黙々と生産性を高め続けている、つまり、潜在力は高い。

こんな地獄のようなデフレ環境でも多くの製造業を含む企業が何とか黒字を出せていることがなによりの証拠だ。

ここまで生産性を高めてきた日本企業が最後に高める生産性はなんだろう、と残業大好きの諸兄は、その残業し過ぎで蕩けて足りなくなった頭で何とか考えてみてくれ。

そう、日本企業が次に目を付けるのはお前らの無駄な残業(代)だよ。

管理人の予想では、そう遠くない内に残業を猛烈に会社から批判される時代が来る、そして定内に最高効率の成果を挙げる従業員が評価される時代も来る。

きっとそれは「無駄な残業嫌いの若者」の時代となる。

やはりいつの時代も次の時代を担っていくのは若者だったのだ。

日本企業は無能残業社員や米国株投資家様(笑)が思っているほど浅はかではない。

日本企業はここまで無限に続く不況の中、血眼になりながら作業効率化、流通改善、工数削減、低コスト化などに全力で取り組んできた。

そんな日本企業が次に取り組む利益改善対象は、もはや「無能社員による無駄残業代の削減」しか残っていないだろう、そういったコンサルを始める企業も増え始めている、大手企業は今後、こういったコンサルなどをどんどん取り入れていくだろう。

そんな中で全ての日本企業が経済目線ですら無駄と証明されている残業という行為にメスを入れ始めるのはそう遠くないだろう。

無能残業社員は震えて眠れ。

以上です。

また、次の記事で会いましょう。

ABOUT ME
高卒投資家
高卒投資家です。 投信、ETF、金現物がメイン投資先です。 株ブログですがもっとも最高の投資先は純金だと思っているゴールド投資家です。
Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x