DC

最も確実な投資の勉強方法を教えます。【講座やオンラインサロン?無駄、無駄】

高卒です。

投資について検索してみると意外にも「投資 勉強方法」と言ったキーワードで検索している人が多いようです。

中には「投資 講座」なんてキーワードもありますが、講座なんて詰め込みだからどうせ頭に入らないし、金額も高いからおやめなさい。

当然、オンラインサロン(笑)なんて愚の骨頂です。無駄以外の何物でもありません。

投資の勉強方法なんて簡単です。

  • インデックス投資
  • つみたてNISA
  • iDeCo(または確定拠出年金)

などについて丁寧に解説している書籍を買うか、図書館で借りて読めばいいです。

終わり。

以上です。お疲れ様でした。

て、さすがにそんな訳にはいかないですよね(笑)

初心者さんは何の本を読めばいいのかすら分からないと思いますので。

投資を始めたい人にイチオシの書籍あります

じゃあ、何を読めば良いかって?

結論から言えばこの記事で管理人がお勧めする本を一冊読めば投資デビュー前の予習は終わりです。

どうせ投資デビュー前に難しいこと覚えようとしても無理です。

なので経済学者の書いたような専門書的なものは読まなくていいです(デビュー後は是非読んで下さい)

当然、デビュー前に投資本を沢山読むこともお勧めしません。

始める前にイヤになるのが目に見えるオチです。

というわけで管理人的にお勧めなのは以下の一冊です。

経済評論家の山崎元先生とインデックス投資家(ブロガー)の水瀬ケンイチさんの共著「ほったらかし投資術」です。

訳の分からないインフルエンサーのクソ投資本読むくらいなら、まずこれを読んでください。

ちなみにクソ投資本とは大体において、本名でない著者名(平仮名とかカタカナ数文字が多い)の安っぽくて変でダサいタイトルの投資本のことを指します。これらの9割5分(体感)は内容の偏った、参考にすると損する確率の方が高い害悪図書ですので「絶対に」読まないことをお勧めします。

ちなみに「ほったらかし投資術」著者の一人の水瀬さんもインフルエンサーといえばそうですが、共著者に山崎元先生もいて、しっかりした内容となっているので本書は例外扱いです(何となく山崎先生は、ほったらかし投資術ってタイトルも内心嫌がってそうですが(笑))

というわけで、これだけ読めば何の苦労もなく比較的に安全で確実な投資を始めることができます。

価格も一冊数百円であり、これから儲かる金額を考えれば安い投資額ですね。

マジのマジでこれ一冊で十分です。

というわけで以下、書籍紹介文をそのまま引用。

投資初心者も、もう迷わない
ほったらかし投資の公式本!
ベストセラー『ほったらかし投資術』が7年ぶりの全面改訂!
運用方法が過去2版と大きく異なり、
もっとシンプルに、もっとほったらかせるようになりました。
実行マニュアルから口座の開き方、
素朴な疑問へのアンサーなど大幅加筆で初心者も安心。
2024年スタートの新NISAにも対応。
お金の不安から解放されて、より良い人生を!

(目次)
第1章 ほったらかし投資と人生のお金
「会社から自由になるためのお金」の意味
たどり着いた方法論は「たった、これだけ」がベスト
投資は決して「めんどう」ではない
誰でも同じ方法でいい
インデックス投資家になって、何が変わったか
など

第2章 ほったらかし投資の簡単!「実行マニュアル」
・早くから投資を始めて、投資資金を育てる
・最重要!「リスク資産」への投資額の決定方法
・「許容できる損失」をどう決めるのか?
・ 若者も高齢者も、リスクへの考え方は同じ
・iDeCo、各種NISAなどの「有利なお金の置き場所」の活用

第3章 実際に始めてみよう!
・インデックス投資の投資銘柄のファイナルアンサーはこれ!
・チェックポイント① コスト(手数料)
・チェックポイント② 純資産総額
・ポイントサービスは重視すべき?
・口座開設の方法と手順
・SBI証券、楽天証券、マネックス証券のiDeCoのおすすめファンド
など

第4章 インデックス運用の基礎知識
・そもそもインデックス運用とは
・優れたインデックスを見極めるポイント
・「世界株」「S&P500」「先進国株」等に点数をつけると
・インデックス運用はなぜ優れているのか?
・現実のインデックス・ファンドには欠点もある
など

第5章 「ほったらかし投資」実践の勘所
・投資と上手く付き合えない人の3パターン
・「億劫」をどう解消するか
・「続ける」ことの重要性
・複雑にし過ぎないこと・動かないこと
・「コロナ・ショック」のような危機にどうする?
など

引用元、販売リンク:全面改訂 第3版 ほったらかし投資術(amazonリンク)

この本ではインデックス投資に肝要な知識をこれでもかと言わんばかりに書いてあります。そのうえバカでも理解のできる簡単な内容となっています。

本著では、

  • インデックス投資の有用性
  • リスク管理の考え方
  • イデコやNISAの始め方
  • インデックスファンドの決め方
  • 投資中の心構え(暴落時含む)

などが懇切丁寧に説明されており、投資の始め方だけでなくリスク管理や継続のコツも解説されているので、初心者が変な自己判断であらぬリスクを取りにいったり、その結果暴落で動転売りするようなことが防げるのも本書を初心者にお勧めする理由です。

年寄りの小言臭くて申し訳ありませんが、どうも最近投資を始めたという人達(主にSNS若年層)は一体何に影響されたのか知りませんが本書のようなリスク管理や心構えの考え方が妙に希薄(適当)であり、

  • リスク管理は二の次
  • リターン(リスク)を取った者勝ち
  • 暴落してもとにかく耐えれば良い

と言った雰囲気になっているような気がしてしかたありません。

こんなんで本当の暴落や景気停滞が来た時に引退せずに耐えられるのかと老婆心ながら不安になります。

わけのわからないインフルエンサーやツイッター投資家の「儲かった!」の報告(この人達は、おそらく大して儲かっていません)に騙されていきなり変な投資を始めるのではなく、本書のような本を一冊でも読んで予備知識を付けて、まずは堅実なインデックス投資から初めて見て下さい。

つまらないインデックス投資でも十分すぎるほど儲かりますから。

邪教に足を突っ込むのはその後からでも遅くありません。

管理人も基礎を学んだ上で邪法に手を出すことは止めません。

というわけで今度こそ記事終わります。

また、次の記事で会いましょう。

ABOUT ME
高卒投資家
高卒投資家です。 投信、ETF、金現物がメイン投資先ですが最近は経済動向より高配当個別株を選好中。 株ブログですがもっとも最高の投資先は純金だと思っているゴールド投資家でもあります。
Subscribe
Notify of
guest

CAPTCHA


0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x