ダイエット

今から夏に向けて短期で楽勝に2キロ落とします。【方法紹介】

どうも、高卒です。

毎週水曜の雑談記事です。本日のテーマは「ダイエット」です。

今年も暑くなってきましたね。

夏になると海や川、プール、とまでは行かなくても服装も自然に薄くなりボディラインが出てしまいます。

はっきり言って、たるんだボディラインが浮き出ているのは、みっともないです。

それを誤魔化すためにワンサイズも上の服を着て誤魔化してもフィット感がなく、傍から見ても「ああ、デブなんだろうな…」て正直思ってしまいます。こういう人って大体、顔とか手足も脂肪でパンパンになってますしね。

と言っても今から夏に向けて細マッチョになるのは、どんなに努力しても絶対に1000%無理です。神に誓って断言します。

絶対無理です。無理ったら無理。

だったらせめて夏までに楽に2~3kg落として、薄着が多少マシにフィットするようにしましょう。ちなみに僕も今日から始めます。本当はもっと早くやりたかったが車の事故などで開始が遅くなりました。

さて、やることは簡単。

食事制限で脂肪を落とすだけです。2~3kgなら2カ月もあれば楽勝です。上手く行けばもっと減ります。

減量の基本は食事制限です。他の手はありません。食事制限が嫌なら短期で痩せるのは諦めて下さい。

なんて言い方をしたらここで読むのをやめてしまいかねないので甘いことも言います。

僕のダイエット方法は、

  • キツイ運動の類は一切やらなくてもいいです。(やってもいいです)
  • 空腹に耐える必要もありません。(これは、むしろ耐えてはダメ)

最高かよ。

記事の続きを読む気がしてきませんか?

では、ここから具体的な楽勝な食事制限のやり方を説明いたします。

短期で楽勝に2~3kg落とす食事制限法

短期間で数キロ体重を落とす必殺の方法を伝授いたします。

心して聞いてください。

それは自分の標準摂取カロリーを下回るように食事することを毎日続けることです。これを続けると下手をすると一週間で効果が出てきます。

例えば管理人の身長、年齢だとほぼ、成人男性の平均標準摂取カロリーと同じになるので成人男性の平均標準摂取カロリーである2000kcalを下回るように食事量を調整します。(大体の日本男性はこんなもんかと)

これは、そんなにキツイことではありません。逆に言えば2000kcalまでは食べていいんです。もっと言えば太っている人は100%、無意識に標準摂取カロリー以上毎日食べています。

ちなみに標準摂取カロリー以下を保つのには、何も別に

  • 修行僧のように野菜だけ食べろ、とか
  • ライ〇ップのような食事をしろ、なんてことは一切必要ありません。

それどころか飢餓を伴う空腹を耐える必要すらありません。

なんならある程度、腹一杯食べて標準摂取カロリー以下に抑えることも可能です。

これだけ聞くとマジで楽勝に感じてきませんか?

というわけで、ここからは管理人が過去、摂取カロリーを抑える上で有効だった手段をいくつかご紹介いたします。

1食置き換え or 1食抜き

これを聞くと「メシを抜く」という恐怖感から絶対無理、と思ってしまう人も多いです。

が1食抜く効果ってのは絶大なんです。

なぜなら1食抜くだけで他の食事にカロリーを回せるからです。

ちなみに僕の場合は朝が一番食欲ないです。

なので朝食をプロテインに置き換えます。この時点で100kcalの摂取です。

次に昼は会社の定食を普通に食べます。これは700kcal程度なので計800kcalとなりました。

んん?おや、なんと、

まだ1200kcalも食べられます。これなら夕飯はフルコースが食べられますね。これは楽しみだ。

これなら夕飯はカツ丼(およそ900kcal)を食べても300kcalお釣りが来ます。なんならビールも糖質オフ350mlを一缶くらいやれますね。最高じゃん。

なんだ、これは…まるで楽勝ですねえ。

夕飯はわざと、少しだけ食べ過ぎる

これは先に触れた内容と少し被るのですが、

みなさんには、どうしても、お腹一杯食べないと辛い時間ってありません?

僕は夕飯はお腹一杯食べないと朝、空腹で目が覚めるのでイヤです。そもそも一日働いた集大成の時間なのでどうしても夜が一番お腹が減ります。

なので1日のカロリーを夕飯に集中させます。夕飯こそ、お腹一杯食べて寝ます。なので僕はダイエット中も夜に空腹を感じていることはほぼありません。

代わりに他の時間(朝、昼)は、そんなに食べません。自分はデスクワーカーなので朝、昼は脳が活動できる最低限の栄養で十分だからです。もちろんこの時間に空腹はありますが全然、我慢できる範囲です。

こうして一番食べたい夜のカロリーだけを増やすことでダイエット生活を楽勝にしています。

ちなみに夕飯のカロリーを増やすと太る、という知識がコ〇ナウイルス並に世間に蔓延していますが、これは嘘です。断言していいです。

人間いつ食べようが、自身の標準摂取カロリーを上回らない限り太りません。

太る、という現象は自分の代謝を上回るカロリーを摂取することで消費しきれなかったカロリーが貯蓄(脂肪)に回ることで起こる現象です。

つまり、いつの時間に食べようが自身の一日の標準摂取カロリーを上回らない限り太ることはない、ということです。

カロリーの低い物で食事量を増やす

これも鉄板です。

例えば朝、プロテインだけ、とか食事自体を抜いてしまうのは辛い、という人はゆで卵や豆腐、オートミールなんかを加えるだけでも満足感がかなり変わってきます。さらにプラスでブラックコーヒーやお茶をたっぷり入れて飲むとさらに満足感が増します。

昼食には普通の定食にプラスでサラダやスープを足すのもいいでしょう。持参したプロテインやゆで卵を食べてもいいです。

間食にはゼロカロリー飲料やフードを活用しましょう。

例えば自分は間食のコーヒーや無糖ヨーグルトにゼロカロリーシロップをぶち込む手をよく使います。これらは低カロリーの割りに満足のできるオヤツに十分なり得ます。

これらの努力で食事の満足感がかなり増しますし高カロリーの巣窟である甘いお菓子や脂っこいお菓子を食べたい衝動を回避できます。減量中は甘くて油っぽいお菓子がめちゃめちゃ魅力的に映るので、その衝動を抑えるためにゼロカロリー飲料やシロップを多用します。

とにかく低カロリー食品を活用することを強くお勧めします。

まとめ

夏までに努力なしで2kg痩せる方法をまとめます。

努力なしで2kg痩せる方法!
  • まず、前提として簡単に痩せる方法は食事制限以外にない
  • 自身の標準摂取カロリーを超えないよう食事すれば絶対に痩せる
  • 食事は一食抜く、または置き換えるのがカロリー制限には有効
  • 浮いたカロリーを自分が一番食べたい時間に集中させる
  • 間食はゼロカロリー食で補う

以上です。

これで管理人は8月までには100%の確率で3kg以上痩せられます。断言します。

軽い減量なら楽勝なんです。

確かにナイスバディになるのは死ぬほど難しいです。

ですが軽い減量なら誰にでもできます。

そして服を脱ぐにも薄着になるにも2~3kgの差が外見に与える影響は結構大きいです。

是非お試しください。

そんなところです。

それでは、また次の記事で会いましょう。