バカから身を守るシリーズ

メルカリの値引き交渉なんて無視しろ!!【乞食にかまうな】

どうも、高卒です。

毎週恒例の水曜雑談記事です。

皆さんはメルカリは利用しますか?

僕は主に不用品の処理にメルカリ利用しております。

つまり出品者です。

出品者の方なら分ると思いますが、メルカリは一応独自ルールで「値引き交渉」を認めております。

なので商品を出品すると、そっこーで以下のような値引き交渉コメントが付きます。

  • 「○○円値引きできませんか?」
  • 「送料引いて下さい!」
  • 「○○円引いてくれたら買います!」

はい、こいつら全部無視でいいです。

乞食の相手をする必要はありません。

こいつらの相手は時間の無駄かつトラブルの元です。

ちなみに僕は乞食どもには「プロフ読んでください」としか返しません。

そしてプロフには「ビタ一文値引きしませんw」と書いてあります。

なぜ値引き交渉に応じる必要がないのか?

理由は、こいつらがトラブルの元凶だからです。

一度値引きに付き合ったら最後、乞食どもはつけあがり、以下のような要求が追加で飛んでくるでしょう。

  • 追加梱包お願いします!
  • 良ければラッピングしてください!
  • 登録住所以外に送って下さい!
  • オマケ下さい!

このように値引きしてくれた相手を都合のいいヤツと考え、要求がエスカレートしていきます。

さらにタチの悪いことに、これらの要求は値引きを受けて購入確定したあとに付けあがって、もう断ることのできない「取引メッセージ」上で行ってきます。

こうなってしまっては後に引けず、要望に応えないといけないことが多いです。

  • 梱包を済ませてから出品するので梱包の変更は単純に手間です。
  • そのラッピング費用は誰が出すんでしょうか?
  • 送り先の変更は発送ミスの確率が高まります。発送ミスの責任は全て出品者です。
  • オマケってなんやねん、〇ね。

物凄く不快ですし、トラブりやすく旨味ゼロです。

なので値引き乞食は無視でいいんです。マジで消えてくれ。

値引き乞食は潜在クレーマーの可能性あり。

はっきり言って値引き乞食はクレーマー気質であることが多いです。

当たり前です。

出品者は親切に黒字ギリギリラインで出してくれている人も多いのに相場も調べずに(もしくは相場を知ったうえで)いきなり値切りにくる奴がまともなわけがありません。

こいつら付け込まれると最悪の場合、

  • クレームによる一部返金
  • クレームによる商品の譲渡

などを狙ってきます。

マジで平気でやってきます(実体験)

メルカリは、掃きだめというイメージがあります。そして、その原因は十中八九こいつら値引き乞食のせいです。

こんなクソどもが跋扈しているんだから当然ですね。

正直、真面目に取引している方々に失礼なんで、さっさとこの世から消え去って欲しいです。

メルカリ運営は出品者を守る気はサラサラない。

極めつけはコレです。

メルカリ運営は出品者を保護する気はなく、乞食購入者に狙われて疲弊した出品者に対し、表向きは全力でサポートするとかなんとか言いながら出品者泣き寝入りの方向へ持っていきます。

とにかく購入者様(笑)を保護しようとします。

購入者様(笑)が商品にクレームを入れれば、それは確定事項として扱われます。購入者様(笑)の言うことに間違いはありません。購入者様(笑)は神様です。

購入者様、もといクソ乞食がややこしい条件を提示してきて、それにより出品者が判断ミスをしても全責任は出品者のものとなります。

とにかく全て10:0で出品者が悪くなります。

さて、ここでメルカリ運営さんに一言。

クソして寝ろ、役立たず運営。

自衛の手段は乞食を切り捨てることと気が付いた。

ここまでの内容でお分かりかとかと思いますが、

メルカリにおいて出品者が乞食購入者からの執拗な嫌がらせを回避するには

  • プロフ
  • 商品説明

において徹底的に

「値引き交渉及び追加要望をガン無視する」

という鋼の意志を上から目線で伝えることが大事です。

これだけで乞食は面倒くさくなって寄ってこなくなります。

目に見える防犯設備のついた家や車を泥棒が回避するのと同じ心理です。

たまに無視して値引きしてくる奴がいますが、相手にしなければいいです。

価格が適正なら善良な購入者様が何の文句も言いがかりも無しに買ってくれます。神様ってのは善良な購入者様だけを指します。

乞食が勘違いしてんじゃねーぞ。てめーらただのゴミだ。

ちなみにこれで僕は腐れ乞食どもを徹底的に排除しましたが価格が適正なので普通に売れてます。

乞食はお呼びじゃないんですよ。

おわりに

言いたいことは以上です。

ちなみに今回の記事は非常に暴力的な言葉使いとなっております。大変失礼いたしました。

理由は書いているうちにクソ乞食どもに対する怒りが蘇ってきたからです。

本記事で、これから真面目にメルカリを始めてみたい方がクソ乞食どもの被害会う確率がほんの少しでも減れば幸いです。

それでは、また次の記事で会いましょう(。・ω・)ノ゙♪