日本株

オリンピック閉幕と菅総理の引退発表で日本株が超絶爆上げしている理由【菅政権の感想も】

どうも、高卒です。

水曜雑談記事です。

先日、菅総理大臣が次期総裁選へ出馬しないことを表明しました。

すると日本株は堰を切ったように大爆上げしました。

後だしジャンケンで申し訳ありませんが管理人は、この流れを多少は予想していたので(自信は無かったですが)過去記事でもちょくちょく高い米国株ばっか買ってないと少しは日本株を買っておこう、と提案しておりました。

ちなみに菅総理の引退発表だけが日本株の爆上げの原因ではありません。

  • 時期を同じくしてオリンピックに続きパラリンピックが閉幕しました。
  • さらに日本のコロナ感染者数は天井を打ち低下してきました。

これらも原因です。

以前より海外投資家は「オリンピックさえ無ければ日本株は買い」と発言していました。

つまりオリンピック、パラリンピックが終了し、コロナ感染者数が頭打ちし、菅総理が出馬しないことで自民党が選挙に負けるシナリオが薄くなったことにより完全に日本株はリスクが消えた、と判断されたというわけです。

ちなみに、ここまでに日本株を買っておかなかった長期投資家はもう乗り遅れです。

株というものは良い物を安い内に買って放っておくものです。

逆に短期投資家はここからが買いでしょう。短期的には多分まだ日本株は騰がります。上昇トレンド入りだと思われます。

ちなみに管理人は日本株が年初過ぎあたりから売られ始めたころより、つみたてNISA確定拠出年金の買い付け比率を日本株をマシマシにして海外株の比率をかなり落としていましたが正解だったかもしれません。

ちなみに今後、日本株が失速して逆行しても、このまま日本株マシマシ継続の予定です。理由は日本株は米国株に比べたら、まだ安いからです。

と、まあ日本株爆上げの理由と株の話はここまでです。

ここからは菅政権の話を少し。

菅総理自体はそんなに悪くなかったな、と思う

というわけで、ここで話を菅総理に戻しまして…

菅総理って何をやりましたっけ?おさらいしましょう。

確か

  • 携帯料金の値下げ
  • 不妊治療の保険適用

などでしたっけ?他にもあるかもしれません。

これらは決して悪くはありませんでした。むしろ搾取案しか出さないような政権よりはよほど健全でした。

あとは何者かの操り人形と化して「安心、安全」を繰り返し呟きながらオリンピックをゴリ押し開催したイメージもありますが、これは菅さんではどうしようも無かったのでしょう(背後の何者かの圧力を感じますね)

菅さん自体はそこまで悪くはなかったと思うのですが、結局パンチが無かったですねえ…。

携帯料金値下げは大きな効果があったそうですが(一説には消費減税2%近い効果?)管理人個人としては元々ギリギリまで切り詰めていたので下がった実感が全くありませんでした。

キャリア各社に絶妙に使いづらい使い放題プランが追加されたくらいで終わってしまった印象でした。

本音を言えば、そもそも企業に負担かけて携帯安くさせるんなら、そもそも誰も得してない高い高い消費税を減税して頂きたかったです。

こっちの方が企業も個人もみんな助かると思います。

一回の消費増税ってリーマンショックに匹敵する経済ダメージらしいです。

消費増税はジワジワとボディーブローのように遅効毒として効くそうです。蓄積したダメージがリーマンショック並になるそうです。

日本は所謂「失われた30年」の中で過去4回に渡り消費増税しています。つまり計5回リーマンショックを体験したような経済状態なんです。

日本の株も安くて国力が弱くなってくのも納得ですね。

なんでこんなことやるんでしょうね。

プライマリーバランス黒字化のためとか言ってますけど、いくら増税してもいつまたっても黒字化なんてしないじゃないですか。いつまで達成できない夢物語で国民を騙し続けるつもりなんでしょうか?

管理人は昔は支持していましたが、もういい加減自民党の搾取詭弁政策を支持できなくなってきました。

少し話が逸れてきたので菅さんの話へ戻します。

もう一つのやったこととは不妊治療の保険適用でしたっけ?

これは良かったと思います。高い不妊治療で妊娠を諦めたり、諦めかけてた人もきっと多かったはずです。管理人の知人にもいました。

素晴らしい案だし決して悪くなかったのですが、これも残念ながら少しだけズレていたと思います。

日本の少子化の原因ってそもそも男女の価値観の理想と現実が違いすぎることで男女がそもそも出会いに至らないことが一番の原因だと思います。

原因の根幹である婚活自体をサポートする制度とか作った方が良かったんじゃないでしょうか?などと言うのは簡単ですがやっぱり難しいんですかね?

今の少子化対策って結婚した後の補助ばかりじゃないですか。

そもそも大勢が結婚自体に至らないのに結婚したあとの補助ばっかりやっても焼石に水な感じがします。

それともなんか結婚数増加対策をやりたくない理由でもあるんでしょうか?外国人移民を大量に受け入れたいとか?

憶測に過ぎず、菅さん本人でなければ分からないことなので言っても仕方ないですが…。

また、これは菅政権自体とは直接関係ないのですが消費増税などで国民が貧乏になってるのも結婚が増えない理由の一つです。

  • 現代男性はお金が少ないので質素で経済的な結婚生活を望みます。
  • 現代女性は本能的に高収入の男性を好みます。
  • これでは収入の減った現代男性は婚活に腰が引けるだけです。
  • 結果、婚活市場には女性ばかりが溢れ、女子会会場と化しています。

このチグハグな状況を作ったのは今の政府(自民党)です。

貧乏な国民も少子化問題も全て政府(自民党)が作ってきたんです。

とはいえ日本だけでなくどこの先進国も少子化に向かっている傾向はあります。

  • 大概の先進国は日本ほど酷くはありません(一部を除けばですが)
  • どの先進国も日本のように所得は下がっていません。

同じ先進国なのに日本ばかりどうしてこうなったのでしょうか?国民のせいでしょうか?

いやいや日本国民は導けばその通りに動くロボット国民なのは周知の事実です。

「全国民右に倣え」がスローガンの国ですから。

それを導いたのは誰でしょう?

国、政府以外何物でもないでしょう。

そして近代史の中で日本国民を最も長く導いていたのは他ならない自民党です。今の結果(総貧乏、少子化)は自民党の功績なのです。

そんな経済対策も少子化対策もズレまくった自民党の総理が変わったところで今後もズレまくったまま進むんでしょうね。

むしろ人気は無かったですが同じ自民党なら、まだ国民のためになることを多少なりともやってくれた菅さんのほうが良かったと思います。

管理人の予想では菅さんの次の候補は、菅さんよりよっぽど期待できない人が出てきて人気取りのために効果の薄いばら撒きをした後に大増税するだけだと思ってます。

そんなところです。

それでは、また次の記事で会いましょう。

おまけ:本日の記事に関連してそうな参考記事(外部リンク注意)