つみたてNISA

【最強の投資法?】つみたてNISAについて解説


どうも、意識低い系社畜こと、ぽんたです。

前回の記事では投資をすることで得られるメリットについてお話させていただきました。

今回は具体的にどんな投資法がお勧めか?についてお話させていただきます。

さっそく結論を言うと「つみたてNISA」です。

つみたてNISAとは?

つみたてNISAは簡単言ってしまうと税金が有利なインデックス投資ができる制度です

日本国民の投資意識を後押しするために始まった素晴らしい制度です。
(色々と思惑を感じますが。)

年間40万円投資可能で、それにより得られた売却益や分配金が最大20年間非課税になります。

通常、日本では運用益の20%近くが税金で持っていかれるので、これは本当に破格の条件と言えます。

年間40万のうち、月に投資できる金額は最大で33,333円までとなっており、毎月一回、自動で積み立てられます。

上記により、暴落タイミングを狙った一括投資などはできず、強制的にドル・コスト平均法で購入していくことになります。

さらに、つみたてNISAでは個別株投資ではなく、インデックス投資にて運用することになります。

インデックス投資は初心者、上級者問わず、誰でも有効な投資法です。

そして、つみたてNISAは、そのインデックス投資+ドルコスト平均法+非課税が組み合わさった、非常に優秀な資産運用手段となっています。

また、積立期間は20年と長期を想定しており、運用期間が長くなるほど「複利」が効いて雪だるま式に資産が大きくなっていきます。

複利とは?

一定期間に支払われる利息を元本に組み入れて計算する方法

例えば金利5%の商品を100万円分購入したとした場合

1年目は100万×1.05(金利5%)=105万円となります。

2年目は110万になるのではなく、110万2500円になります。

このように利子にまた利子がつくことを複利といいます。

 

はてなくん
はてなくん
ちょっと待って、駆け足すぎてわかんないよ!

 

詰め込み過ぎたので、ここで一旦、「インデックス投資」と「ドル・コスト平均法」について解説していきます。

インデックス投資とは?

インデックス投資とは、日経平均、ダウ平均のような株価指数自体に投資する投資法です。

当然、株価指数そのものが買えるわけではなく、指数と連動するように複数の個別株を組み合わせたインデックスファンドを買うのです。

例えるなら、お菓子とかにあるアソート商品です。

同じお菓子ばっかじゃなく、色々な種類のお菓子が入ってるやつです。

つまり、インデックスファンドとは複数株をバランスよくアソートした一つの商品というイメージです。

ちなみに、インデックス投資には以下のようなメリットがあります。

  1. 市場平均に対し投資をするので誰でも市場平均を出せる
  2. 数十~数百の銘柄を同時に買うので、組入銘柄の1つや2つが不調でも、ほぼ無傷
  3. 市場は長期では成長を続けるため、そこまで購入タイミングを意識しなくてよい  (※日本のように長期で横ばいだった例もありますが)

ちなみに運用のプロでも市場平均に勝ち続けるのは難しく、インデックス投資のみしていれば大半のプロを打ち負かすとまで言われており、如何に有効な投資法かわかりますね。

ドル・コスト平均法とは?

ドル・コスト平均法とは、定期で、一定の金額買い付けを行う購入方法のことで株価が高い時には少なく、安い時には多く買い付けることができます。

メリットとしては、上記のように長い目では購入価格が安定しやすいことですが、それ以上に一番大きいと個人的に思うのは、感情を排除して投資できることだと思います。

通常、株式を買い付ける際にはこんな心理が働きがちです。

  • ずっと株高で今買っても暴落が怖い
  • ずっと下落してて、今買っても下がり続けるかも

などといった感情の介入により、株価が高くても安くても購入をためらう場面が多いです。

ここで購入を見送ることで、上がり続ける株価に乗ることも、安い株価で買うチャンスも両方逃して、いつまでも指をくわえて見ていることになります。

これは実際に投資してみると実感しますが、どんなに優良な商品だとしても、株価がめちゃめちゃ暴騰したり、暴落しているを目の当たりすると無感情に買い付けするのは不可能です、確実に買うのを躊躇います。

一方、つみたてNISAでは毎月一回(日付指定可)、一定金額を自動で買い付けるため、このような場面でも余計な感情を挟むことなく積み立てを継続することが可能であり、誰でも確実にドル・コスト平均法で買い続けることが可能です。

事実、去年一年間の投資成績は、自分の判断とは無関係につみたてNISAで自動買い付けを続けた全世界株式インデックスファンドは、私の購入銘柄の中でもかなり安定した良い成績を出してくれました。
(ちょこちょこ中国に足を引っ張られましたが)

まとめ

最後につみたてNISAについて簡単にまとめると

  • 非課税で運用できる
  • 初心者にも簡単な投資方法である
  • 感情、タイミングに左右されにくい
  • 長期になるほど資産が右肩上がりに大きくなっていく

あたりが、最も大きいメリットだと思います。

ちなみに、つみたてNISAを始めたい方は楽天証券やSBI証券のようなネット証券で始めることをお勧めします。
(銀行やゆうちょなどは購入できる銘柄数が非常に少なくお勧めできません。)

以上が、つみたてNISAの簡単な解説でした。

今後はデメリットや、つみたてNISAのお勧め商品にも触れていく予定です。

それでは、良き投資ライフを!